膝 黒ずみ 皮膚科

膝の黒ずみは病院の皮膚科?

 

膝に黒ずみができた際の治療方法としては自宅でクリームを使うのと病院での治療と2種類となります。

 

病院での治療をするのであれば何科へ行けばいいのかと悩む人も多いかと思います。
結論から言うと皮膚科でも美容皮膚科や美容整形外科などと呼ばれる肌トラブルを専門に扱う病院となります。

 

病気ではなく肌トラブルとなるので、病院というよりは肌トラブル専門に扱う皮膚科クリニックとなるのですね。そのため費用が高額となることが多いです。

 

治療方法としてはレーザーを照射することによってメラニンを除去していくのが一般的となるのですが、一回の費用自体はそんなに高くはありません。1回2万円程度から4万円程度で行うことができる皮膚科が多いはずです。

 

しかし、1度で完全に皮膚に色素沈着しているメラニンを除去することができる訳ではありません。
何度もレーザーによる治療を行っていかなければならないのですね。

 

そのため、複数回治療することによって20万円とかかることも多いです。
黒ずみケアをする人で自宅でクリームを使った方法を行う人が多いのは費用が高額なのと何度も通院する手間があるからなのですね。

 

皮膚科での治療ならすぐに改善できる?

 

皮膚科での治療であれば費用も高額となるのですぐに治療できるのではと勘違いする人も多いです。
実際には即効性がある訳ではなく、効果があらわれるまでには時間がかかります。

 

レーザーを皮膚に照射することによって皮膚への刺激へと繋がってしまいます。そのため、一度に長時間レーザー照射してしまうと火傷を起こしたり、刺激から肌荒れやメラニンが分泌する原因にもなりかねないです。
複数回に分けて少しづつ改善を行っていくには理由があるのですね。

 

費用が高額だから必ずしも優れた方法である訳ではありません。それぞれメリットやデメリットなどがあるのですね。

 

皮膚科での治療であれば専門的な知識を持っている人に色々を聞くことができます。そのため、わざわざ色々と調べなくても医者に任せれば良いだけなのでそういった手間はかかりません。クリームであれば費用も安くすみますし、自宅で治療を行えるので手間はかからないですが、評判の悪いクリームを購入しない為にも調べたりとしなければなりません。

 

黒ずみケアを人によって行う方法は異なってきますが、どの治療法が一番良いって訳ではないので、人によって最適な方法は異なってくるのです。

 

おすすめはクリームでの改善

 

黒ずみクリームといっても最近では厚生労働省からも効果のある成分が配合されているのを認められ医薬部外品として認可の下りているクリームも非常に多いです。そして、評判の良いクリームなどであれば効果を感じている人も非常に多く、黒ずみが気にならなくなったなんて口コミも多いです。

 

クリームで黒ずみの改善をしていくメリットとしては以下の3つです。

 

  1. 費用がレーザー治療よりも何倍も安い
  2. 自宅で行うことができる
  3. 予防効果もある

 

膝のスキンケアを行っていくことによって、肌がもっているバリア機能を高め刺激を防ぐ役割をしてくれます。黒ずみができる原因は肌への刺激となるので予防としての効果をあげることもできるのですね。

 

黒ずみがいきなりあらわれたなんて人はほとんどいません。あざならありますが・・・。

 

大抵は正座やジーンズの擦れなどによって与えられた刺激が少しづつ加えられちょっとづつメラニンが色素沈着をして黒いのが目立つようになってきます。ふとした瞬間に黒ずみが膝にあることに気づく人は多いですが、それは少しづつ蓄積された色素沈着でおきていることがほとんどです。

 

クリームであれば予防としての効果も期待できるのですね。
ケア方法については詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

>>>膝の黒ずみケア