膝 黒ずみ 

膝の黒ずみケアにクリームを使う人が多い

 

膝の黒ずみを解消したいと治療方法を探す人でクリームを使う人は非常に多いです。

 

除去する方法としては薬、クリーム、皮膚科と3種類あるのですが、自宅で簡単に行えて価格が安いのでほとんどの人が自宅で黒ずみケアを行っていきます。病院へ通院する手間も必用ないのでお手ごろに行うことができるようになっているのですね。

 

最近であれば厚生労働省から医薬部外品として認可の下りているクリームも非常に多く、効き目があらわれたと口コミで書かれているのも非常に多いです。

 

美容業界的に美白効果があるだろうではなく、きちんと美白効果があると認められている成分が配合されているクリームも非常に多いのですね。毎日、つけてケアをすることによって美白成分と配合されている保湿成分によって皮膚のターンオーバーを促進させ、古い皮膚(角質)を剥がし新しい皮膚を作ることによって、きれいな足を作りだすことができるようになります。

 

膝の黒ずみクリームを使ったケアの注意

 

膝は腕やふくらはぎなどの他のからだの部分と比べると皮膚の厚さが薄くなっています。そのため、刺激としてのクッション効果も弱い為少しの刺激で黒ずみができやすい部分となります。

 

クリームを使ったケアをする際に注意をすることは刺激に気おつけること。肌への刺激が強い成分によって逆効果となってしまうこともあります。

 

メラニンを除去する効果として非常に優れており、美白効果が高い成分でハイドロキノンとトレチノインと呼ばれる薬用成分があります。肌の漂白剤とも呼ばれ非常に黒ずみの除去効果が高いのですが、あまりおすすめすることができない成分です。

 

大抵の美白化粧品にはハイドロキノンが配合されていることが多いですが、黒ずみクリームには配合されていないことが多いです。それは刺激が関係しているのですね。できるだけ低刺激で作られたクリームを使ったケアを行った方が良いです。

 

また、医薬部外品として認可が下りているのを利用すると良いです。医薬部外品は薬よりもゆるやかだが効果があるものに対して認可が下りるようになっています。効果があると証明がされているのですね。

 

人気の黒ずみクリームを見れば分かるのですが、ほぼ全てが医薬部外品となっています。逆に口コミで評判が悪いのは単なる化粧品であることが多いです。

 

膝の黒ずみができる原因

 

膝に黒ずみができる原因として多いのが下記に3つです。

 

  • 正座をする環境にあった
  • 膝をぶつけた
  • ピッタリ目のジーンズを履くことが多い

 

からだの中でメラニンと呼ばれる色素を持った物質が肌に色素沈着しているために色が黒ずんでしまうのですが、このメラニンが分泌され原因は皮膚へ与えられる刺激となります。

 

メラニンは紫外線をはじめ衝撃など刺激から守る皮膚を守る役割をしているので、正座による膝への刺激やピッタリのパンツを着て洋服が擦れた衝撃によって分泌量を増やし、皮膚に色素沈着をしやすくなります。
膝の黒ずみケアができていれば肌のターンオーバーの働きによって古い角質が常に剥がれているので一緒に色素沈着した皮膚が剥がれてしまうのですが、正常にターンオーバーが行われなければ皮膚に残ってしまい黒ずみができたままとなってしまいます。

 

黒ずみクリームの効果は3ヶ月程度を目処にあらわれる

 

人気の黒ずみクリームを使ってケアをはじめて2週間程度で効果を実感する人も多いです。しかし、あくまで実感であり、色素沈着したメラニンを完全に除去をした効果を得られた人はいないはずです。

 

なぜなら黒ずみは表面上の皮膚だけでなく奥深くまで色素沈着をしています。

 

表面上のみであれば肌のターンオーバーによって早い段階で色素沈着した古い角質を剥がしてくれることもあります。しかし、奥深くであればあるほどケアをするには時間がかかるので2週間で完全に効き目がでたなんてことはありません。

 

きちんとケアができている人でターンオーバーは28日周期で行われているので、そんなにすぐに改善がする訳ではないのですね。黒ずみクリームを使うのであれば3ヶ月程度を目処にケアを行っていくと良いです。短期で治療が完了すると思って利用をはじめると必ずといって良いほど思ったほどの効果が得られる失敗をしてしまいます。

 

3ヶ月程度は使い続けるようにして、日々ケアをすることでちょっとづつ効き目があらわれてくるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴